ホルマリン ホルマリン漬けってよく聞くけど

化学

ホルマリン漬けってよく聞くけどホルマリンってそもそも何?

ホルマリンとはホルムアルデヒドの溶液である。

通常、約37重量%のホルムアルデヒドガスと安定剤として10~15%のメタノールを含む無色の液体だ。

強力な抗菌剤、抗真菌剤、殺菌剤であり、強い刺激臭がある。そして後述の細胞内の生体物質を安定に保つ効果があることから、生体保存のために用いられます。

また、この溶液は発がん性物質であり、人の健康を守るために暴露を制限する必要がある溶液でもある。

ホルマリンの発見

ホルマリンの歴史は19世紀半ばにロシアの化学者アレクサンドル・バトラフが初めてホルムアルデヒドを合成したことにさかのぼる。

ただ、工業規模で生産されるようになったのはそれから数十年後のことでした。

ホルマリンという言葉自体については1867年にドイツの化学者であるAugust Wilhelm von Hofmann、このホフマンによって初めて使われることになります。

ホルマリンの用途

ホルマリン漬け以外にもホルマリンは工業用および商業用として幅広く使用されています。

タンパク質や核酸(DNAやRNAなど)を架橋・固定化する能力があるため、医療・研究分野で組織サンプルの保存によく使われています。

またあまり知られていないところでは繊維産業。折り目やシワを防止するための仕上げ剤として使用されることがあります。

また、もちろん興行的にも重要で、樹脂やプラスチックの製造にも利用されていて、特に尿素-ホルムアルデヒド樹脂やフェノール-ホルムアルデヒド樹脂は合板などの木製品の製造に広く使われる物質です。

Preparation of Urea Formaldehyde Resin

その他に良くない使われ方として、ホルマリンは違法に食品の不純物混入にも使われていて問題になっています。

一部の悪質な食品業者はなんと魚介類の保存期間を延ばすために、ホルマリンを防腐剤として使用することが知られているのです。先述の通り、ホルマリンの毒性や発がん性から、もちろんこのような行為は危険で、ほとんどの国で禁止されているのですが。

備考

アウグスト・ヴィルヘルム・フォン・ホフマン

ご存じかもしれませんが、ホルマリンの命名者、アウグスト・ヴィルヘルム・フォン・ホフマン(1818-1892)は、19世紀に有機化学に多大な貢献をしたドイツの化学者です。

教育と初期のキャリア ホフマンはギーセン大学でユストゥス・フォン・リービッヒの下で化学を学んだことに始まります。

初期の研究ではコールタールとその誘導体に焦点を当て、アニリン染料開発の基礎を築くなどの成果があります。

具体的にはコールタール由来の化合物であるアニリンの研究により、最初の合成染料を生み出したわけです。この発見は合成染料産業の発展の基礎となり繊維製造業を一変させるものでした

また、有機化学の合成と分析のための体系的手法の開発に貢献もしました。彼の研究は、医薬品、染料、その他多くの化学製品に不可欠なアミンを含む、幅広い有機化合物に及ぶものです。

のちにホフマンはロンドンの王立化学大学で教授を務め、その後ドイツに戻り教育と研究を続けました。業績だけでなく優秀な弟子も多く作り、こうした功績からロンドン王立協会からロイヤル・メダルやコプリー・メダルなど、数々の賞を受賞することとなりました

尿素-ホルムアルデヒド樹脂 UF樹脂

尿素-ホルムアルデヒド(UF)樹脂は、尿素とホルムアルデヒドの化学反応によって得られる合成ポリマーである。

これらの樹脂はアミノ樹脂の仲間であり、優れた結合特性、高い引張強度、硬度で知られている。

特性と用途

接着剤: UF樹脂は、その強力な接着特性により、パーティクルボード、合板、その他プレス加工された木材製品の製造に広く使用されている。

成形コンパウンド: UF樹脂は、電気絶縁性、耐熱性、寸法安定性に優れ、電気継手、ハンドル、ボタンなどに使用されている。

発泡体: UFフォーム断熱材は、断熱性、遮音性に優れ、建築に使用されている。

課題: UF樹脂は、時間の経過とともにホルムアルデヒド・ガスを放出する可能性がある。

実感として新しい家具などを買ったあとに体感した人もいるかもしれないが、室内空気の質が懸念される。

こうしたことから多くの国で規制や基準により、UF樹脂を使用した製品からのホルムアルデヒドの放出は制限されている。

フェノール・ホルムアルデヒド樹脂 PF樹脂


フェノール-ホルムアルデヒド(PF)樹脂はフェノール樹脂とも呼ばれ、20世紀初頭に開発された最も古い合成ポリマーのひとつである。

フェノールとホルムアルデヒドの反応によって製造され、ホルムアルデヒド対フェノールの比率や反応条件を調整することによって、その特性を大きく変えることができる。

Preparation of a phenol formaldehyde resin

特性と用途

熱硬化性プラスチック: PF樹脂は、耐熱性、電気絶縁性、機械的強度で知られるベークライトの製造に使用されている。


ラミネート: カウンタートップ、化粧板、合板のオーバーレイなどに使用され、耐熱性、耐薬品性、耐摩耗性に優れている。


工業用途: フェノール樹脂はブレーキライニング、接着剤、鋳物砂型のバインダーとして利用される。


利点: フェノール樹脂は耐久性、耐熱性、耐薬品性に優れている。


コメント

タイトルとURLをコピーしました