現代の有名数学者2 テレンス・タオからショルツェまで

数学

テレンス・タオ

オーストラリア系アメリカ人の数学者。調和解析、偏微分方程式、組合せ論、整数論など、幅広い数学分野での貢献で知られる。彼の研究の特徴はその深さと広さでありしばしば多様な数学分野の架け橋となっている。数学への貢献が認められ2006年にフィールズ賞を受賞。研究に対する共同的なアプローチと、何十年も未解決だった問題を解決する能力で知られている。

テレンス・タオ 天才の代名詞としても有名な人物だ

イングリッド・ダウベキエス

ベルギーの物理学者、数学者。関数解析におけるウェーブレットの研究で知られる。彼女が開発したドウベキエスウェーブレットは、時間情報と周波数情報の両方を保持する能力があるため、信号処理で広く使われている。彼女の研究は、画像圧縮、信号処理、偏微分方程式の数値解法に重要な応用をもたらした。ドウベキエスの貢献は、ウェーブレット解析を様々な科学・工学分野における基本的なツールとする上で極めて重要である。

エドワード・ウィッテン

アメリカの理論物理学者・数学者であるエドワード・ウィッテンは、量子力学と一般相対性理論を調和させようとする理論物理学の枠組みである弦理論に多大な貢献をした。ウィッテンの研究は、物理学と数学の両分野、特に場の量子論と弦理論に関連する幾何学の分野に多大な影響を与えている。弦理論の統一理論であるM理論の研究で知られ、数学と物理学の橋渡しに大きな影響を与えた。

カレン・ケスクラ・ウーレンベック

幾何学的偏微分方程式、ゲージ理論、可積分系の分野における先駆的業績で知られる。特に変分法と幾何解析の研究で有名で、極小曲面の研究や石鹸膜の挙動に深い影響を与えた。ゲージ理論と可積分系における彼女の研究は、数理物理学の分野に多大な影響を与えている。2019年、これらの分野への画期的な貢献が認められ、権威あるアーベル賞を女性として初めて受賞した。

ピーター・ショルツェ

ドイツの数学者であるショルツェは算術代数幾何学、特にパーフェクトイド空間の理論に多大な貢献をしてきた。この分野における彼の研究は、p進幾何学の理解に大きな進歩をもたらした。ショルツェの革新は長年の問題を解決し、新たな研究の方向性を切り開いた。その並外れた貢献により、数学界最高の栄誉のひとつであるフィールズ・メダルを2018年に受賞した。

ピーター・ショルツェ

ウィリアム・サーストン

低次元位相幾何学の分野に画期的な貢献をした。すべての3次元空間を分類し、3次元多様体の深い理解を提供する幾何学化予想で最もよく知られている。この分野における彼の研究は、3次元位相幾何学の発展の基礎となり、他の様々な数学分野にも影響を与えている。サーストンの洞察とアイデアは、低次元トポロジーと幾何学の展望を劇的に変えた。

エロン・リンデンストラウス

イスラエルの数学者であるエロン・リンデンストラウスは、エルゴード理論の研究、特に整数論との関連で知られている。彼の研究は、数や代数系の算術的性質が力学系の振る舞いにどのように影響するかを理解することに重点を置いている。エルゴード理論における測度の厳密性に関する成果、特に算術双曲面上のラプラシアンの固有関数の量子一意エルゴード性の証明により、2010年にフィールズ・メダルを受賞。

カーティス・マクマレン

アメリカの数学者で、複素力学、双曲幾何学、タイヒミュラー理論の分野で多大な貢献をしている。多くの数学分野のテクニックを組み合わせ、リーマン曲面の理論やホロモーフィック・ダイナミクスの問題に取り組んでいる。特にフラクタル幾何学の分野でマンデルブロ集合を理解するためのツールを開発した。

サイモン・ドナルドソン

イギリスの数学者であるドナルドソンは、平滑(微分)4次元トポロジーの分野への多大な貢献で知られる。ヤン・ミルスのゲージ理論を用い、ドナルドソン不変量として知られる4多様体の画期的な不変量を開発した。彼の研究は、特に4多様体理論とシンプレクティック幾何学の分野において、数学と理論物理学の両方に大きな影響を与えた。1986年、ドナルドソンはその顕著な業績によりフィールズ・メダルを授与された。

マリア・J・エステバン

フランスの数学者で非線形偏微分方程式と量子力学の研究で知られる。量子力学における物質の安定性の研究、量子化学や電磁気学における非線形モデルの解析など、研究分野は多岐にわたる。エステバンは、これらの分野の数学的理解に多大な貢献をしており、欧州数学会の会長職をはじめ、いくつかの数学学会で著名な役職に就いている。

ゴー・バオ・チャウ

ベトナムの数学者であるゴー・バオ・チャウはHitchin fibration法によって自動形態の理論におけるFundamental Lemmaを証明したことで知られる。このレンマは、整数論と表現論をつなぐ一連の予想と定理であるラングランズ・プログラムの中心的な部分であった。Châuの研究は、数十年間未解決であった大きな問題を解決し、2010年にフィールズ・メダルを受賞した。

ゴーバオチャウ

コメント

タイトルとURLをコピーしました