世界の有名天文学者 パート1

地学

ジェフリー・マーシー

太陽系外惑星、特に太陽のような恒星を周回する系外惑星の発見と特徴づけにおける先駆的な業績で知られる。マーシーは、彼のチームとともに、放射速度法を用いた数多くの太陽系外惑星の検出に貢献した。彼の研究は、太陽系外惑星系に対する我々の理解を大きく広げ、この分野の発展に貢献した。

サラ・シーガー

カナダ系アメリカ人の天体物理学者、惑星科学者で、太陽系外惑星の研究への貢献で知られる。彼女の研究は主に太陽系外惑星の大気の分析と居住可能な惑星の同定に焦点を当てている。シーガーは、地球外の生命探査に不可欠な太陽系外惑星の大気の組成や振る舞いを理解するために、さまざまなモデルや技術を開発してきた。

ミッシェル・マイヨールとディディエ・ケロズ

スイスの天文学者であるミッシェル・マイヨールと彼の博士課程の学生であるディディエ・ケロズは、1995年に太陽に似た恒星51ペガススbを周回する太陽系外惑星を初めて発見し、画期的な発見をした。この発見により、宇宙と他の惑星系の存在に対する理解が大きく変わった。マヨールとケロズはこの発見により、2019年にノーベル物理学賞を共同受賞した。

ベラ・ルービン

その研究は暗黒物質の存在に対する最も説得力のある証拠のいくつかを提供した。銀河の自転曲線に関する彼女の研究は、観測された自転が目に見える物質だけでは説明できないことを示し、現在では暗黒物質として知られる相当量の目に見えない物質の存在を示唆した。彼女の研究は、宇宙の組成と構造に関する我々の理解に大きな影響を与えた。

ブライアン・シュミット

High-Z超新星探索チームでの指導的役割で知られる。このチームの活動は、遠方の超新星の観測を通じて、宇宙の膨張が加速しているという画期的な発見につながった。この発見は、宇宙の加速膨張を推進する謎の力であるダークエネルギーの概念を発展させる上で極めて重要であった。シュミットは、アダム・リース、ソール・パールマターとともにこの発見により2011年にノーベル物理学賞を受賞した。

シュミットやパールマターら

アダム・リース

同じく宇宙の加速膨張の発見でノーベル賞を受賞したアダム・リース。High-Z超新星探索チームのメンバーとして、宇宙の加速膨張の発見に重要な役割を果たした。彼の宇宙論分野での研究、特に超新星を宇宙の距離マーカーとして用いた研究は、宇宙の膨張速度とその運命についての理解を大きく深めた。

ロバート・カーシュナー

超新星と宇宙の膨張率の研究に大きく貢献したことで知られる。高Z超新星探索チームにおいて重要な役割を果たし、暗黒エネルギーの存在を示唆する宇宙の加速膨張の発見に貢献した。超新星を標準ロウソクとするカーシュナーの研究は、宇宙距離の測定や宇宙の大規模構造の理解に極めて重要である。

ジョセリン・ベル・バーネル

北アイルランド出身の天体物理学者で1967年にパルサー(高速回転する中性子星)を発見したことで知られる。大学院生だった彼女は、データ中の異常なシグナルに気づき、後にそれがパルサーであることが判明した。これは中性子星の性質に新たな洞察を与え、天体物理学の新たな研究分野を切り開いた重要な発見であった。それ以来、パルサーは正確な宇宙時計として利用され、一般相対性理論の検証にも役立っている。

ラインハルト・ゲンツェル

ドイツの天体物理学者で、天の川銀河の中心にある超大質量ブラックホールに関する研究でアンドレア・ゲズたちと功績を分かち合う。別の望遠鏡と技術を用いて、彼のグループは独自にいて座A*の存在を確認した。ゲンゼルは超巨大ブラックホールに関する先駆的な研究により、ゲズとともに2020年にノーベル物理学賞を受賞。

アンドレア・ゲズ

銀河系の中心にある超巨大ブラックホール、いて座A*の研究で知られる。高解像度のイメージング技術を駆使し、ゲズと彼女のチームは、天の川銀河の中心に超大質量ブラックホールが存在するという、これまでで最も明確な証拠を提示した。彼女の研究は、この謎めいた天体に対する我々の理解を大きく前進させた。ゲズは天の川の超大質量ブラックホールに関する発見により、2020年にノーベル物理学賞を受賞した。

アンドレア・ゲズ

コメント

タイトルとURLをコピーしました