ルーカス試薬 アルコールの探偵

化学

生徒: 有機化学の本を読んでいるのですがルーカス試薬で行うルーカス試験というのがよくわかりません。理解するのを手伝ってもらえませんか?

先生: もちろんです。喜んでお手伝いしますよ。ルーカス試薬は無水塩化亜鉛を濃塩酸に溶かした溶液です。

生徒:一体それがなんの役に立つのですか?

先生:有機化学でアルコールを分類し、一級、二級、三級アルコールを区別するために使用されるんですよ。

生徒: つまりアルコールの分類のための試薬ですか?

先生:そういうことです。ルーカス試薬はアルコールと反応を起こし、その結果、アルコールの種類によって観察できる効果が異なるのです。

生徒:便利そうですね。どのような仕組みなのでしょうか?

先生: アルコールがルーカス試薬と反応すると、置換反応を起こして塩化アルキルを生成します。第三級アルコールはルーカス試薬とほぼ瞬時に反応して塩化アルキルを形成し、これは混合液に不溶で、濁った溶液や分離層を作ります。要するに第三級アルコールではすぐ白濁します。

ルーカス試験の様子

生徒: 二級アルコールと一級アルコールはどうなるんですか?

先生: 二級アルコールは反応が遅く、塩化アルキルを形成して濁りを生じるまでに数分から1時間かかります。一方、一級アルコールは、ルーカス試薬と常温では反応しません。加熱して時間を書ければ反応させることもできますが、その場合でも反応は不完全なことが多いです。

生徒:では、反応の速さでアルコールの種類がわかるのですね。

先生:その通りです。反応の早い順で、そのアルコールが第三級、第二級、第一級、と区別できます。

学生:なるほどですね。ありがとうございました!

備考

無水塩化亜鉛

白色の結晶性固体で式はZnCl2。水に非常に溶けやすい。有機合成の触媒や脱水剤として、繊維産業や製紙産業の様々な用途に使用されている。また、鉄や鋼鉄の錆を防ぐ亜鉛メッキ工程にも使用される。

塩化アルキル

塩化アルキル、またはアルキルクロライドは、アルキル基に結合した塩素原子を含む有機化合物である。他の有機化合物を製造する際の中間体として一般的に使用される。プラスチック、医薬品、溶剤の製造など、様々な工業用途がある。

コメント

タイトルとURLをコピーしました